管理状態での問題と原因の概略説明



よい状態が保たれている場合
次の図は、よい状態を保つために、管理されている状態です。




管理されていてよい状態が維持されている場合、問題が発生すると悪い状態になります。



問題を把握する
管理されていない状態で問題が起こった場合、問題自体に気がつかない場合が多く発生します。
前述のように、管理された状態で問題が起これば、問題を把握でき、その原因も見つかりやすくなります。


波及効果
1つの問題が他の問題の原因になることが多々あります。
よい状態を保つことは、他の問題の発生率を減らし、逆に他の問題が発生したときは、原因発見を容易にする効果があります。



 
自己管理用計画ソフト
エスリレY-A10