日常生活の中での整理整頓が上手にできない要因

このページの概要
日常生活の中での整理整頓が上手にできない要因を解説したものです。
▼無理な整理整頓とは

▼ムダな整理整頓とは

▼原因をさがすには



  ★快適さは、目の前にある
自分の周囲にたくさんある
自分が動けば何かが変わる

整理整頓



無理な整理整頓とは
日常の中での、「無理な整理整頓」とは、どういうことなのでしょうか?

行なうことが難しい整理整頓
自分や周囲に悪い影響を与える整理整頓
経費が多くかかり、維持できない整理整頓

これらは確かに、「無理な整理整頓」です。
しかし、これらとは違うものがあります。つまり、日常のなかで続けていくことに無理があるという意味の、「無理な整理整頓」があります。

例えば、
忘れてしまうことが、徐々に多くなる場合
面倒になり、やらなくなることが多くなる場合
後回しにすることが多くなる場合
できなかったことを他の原因にすることが多くなる場合
など

これらは、無理な整理整頓といえます。
なぜなら、簡単な整理整頓であっても、人の取り組み方に問題があり、そこを解決しないと日常の中では維持できないからです。

参考

▼毎日できない管理は、無理な管理


無理な整理整頓はやめましょう
整理整頓は、無理な部分がある場合は、その無理な部分をよく検討し除去してから実行しましょう。
計画的な整理整頓を行い、無理が入りにくい整理整頓にしましょう。




ムダな整理整頓とは
日常に中での、「ムダな整理整頓」とは、どういうことなのでしょうか?

効果がほとんどない整理整頓
目標とは関係のない整理整頓

これらは、確かに、「ムダな整理整頓」です。
しかし、これらとは違うものがあります。必要以上の整理整頓を行なっている場合がそれに該当します。
整理整頓は、必要な量だけキチンと行なうのが理想です。
(必要な量とは、目標を達成するのに必要な量です。それ以上は、目標を達成しているので必要性がないわけです)

参考

▼必要以上の管理は、無駄な管理


ムダな整理整頓は改善しましょう
整理整頓に、ムダな部分がある場合は、そのムダな部分をよく検討し改善してから実行しましょう。
具体的には、計画的な整理整頓は、ムダが入りにくい整理整頓になります。




原因をさがすには
整理整頓がうまくいかない。原因は?

整理整頓のやり方に問題があるのでは?
心当たりがない!!

以上のような場合が多く見受けられます。
これらは問題自体が不明確になっていて原因をさがすことは困難です。

問題を明確にし解決していくには
@最初に、ゆるめの整理整頓を行い、整理整頓できている状態を作り上げてしまうことからはじめます。
A次に、徐々に目標の整理整頓に近づけていきます。
Bこのとき、整理整頓できない状態がでてきたら、問題が発生していると考え、問題を明確にしていきます。
Cこのようにして、問題が明確になったら、その原因を見つけ、問題を解決へと導いていきます。

参考

▼管理状態での問題と原因


整理整頓のできている状態を作りましょう
計画的な整理整頓を行なうべきでしょう。これにより、徐々に整理整頓できている状態へと進行し、その結果、問題を発見でき、それに対処できる状態になっていくでしょう。



 
ソフトウエア
整理整頓 関連

整理整頓