快適さや利益をうむ自己管理


努力・コスト ⇔ 快適さ・利益

下図を見てください。
自己管理は、負荷(努力やコスト)が必要になりますが、快適さや利益をもたらします。
負荷を減らして、快適さや利益が増えるような取組ができたとき、自己管理は、毎日できるものになり、快適さや利益をもたらすものになります。






快適な状態
日常生活の中で、自己管理が必要ではあるが、まだ行なっていないものがあった場合、それを毎日少しずつ行なうことにより、新しい状態が開けてくる可能性があります。
正しい自己管理を行なうと得られる快適な状態です。



計画的な自己管理
期間を長くして、一日当たりの負荷を、ある程度以上小さくすると、日常の中では、さほど負担を感じなくなります(習慣化の第一歩)。
これは、計画的に取り組むことにより着実に行なうことができます。
快適さや利益を早く出したいために、短期間に、たくさんの自己管理を行なってしまおうとしがちです。しかし、最終的には、計画的に取り組んだ合理的な自己管理には及びません。



 
自己管理用計画ソフト
エスリレY-A10